Author Archives: editor01

フエ科学大学と日本のブライセン本社との日越交流会を開催しました。

4月22日の午後、フエ科学大学の校舎内にて、フエ科学大学と日本のブライセン本社との日越交流会を開催しました。 日越交流会への参加者は、大学側は フエ科学大学の委員会会長 博士 Bui Quang Vu様、 情報科学科 副学科長 Tran Nguyen Phong様、 電気電子材料技術科の学科長 Nguyen Van An様、大学の各学部の学生70名、日本側のブライセン本社 代表取締役社長 藤木優、他エンジニアと、ブライセンベトナムの代表取締役社長 横山政之、副社長 Le Hong Sonが出席しました。 本交流会の開催に際して藤木から5Gと8Kの技術的なポイントやブライセンがNTTドコモ(日本最大の移動体通信サービスプロバイダー)と協力して5Gと8Kの研究を行い、そのための設備に投資していること。ブライセンベトナムの自社ビルの構想やフエ科学大学との産学連携の強化などについて述べました。 今回の交流会は日本の先端情報技術やシステム開発モデルの変革(Waterffall type →  Agile type)などが共有されました。 それらを学生の理解を深めるためにゲームを通じた取り組みも行われました。 終了後、盛大に日本とベトナムのオンライン飲み会も行われました。 今後もブライセングループは新しい技術、開発手法を導入して先進的な企業となるとともにフエ科学大学との協力関係を強化することで学校から信頼されるパートナーとなるべく活動を継続したいと思います。

ブライセンベトナムはフエ科学大学にて、インターンシップの中間結果報告をしました。

2021年4月6日ブライセンベトナムはフエ科学大学の情報技術学部の校舎でインターンシップの中間結果報告会を行いました。会議に出席した方々は科学大学の情報技術学部、電気電子通信学部の学部長と、教育部門、ブライセンベトナムの代表取締役社長と社員です。 ブライセンベトナムはインターンの技術的な教育と日本教育の2つのコンテンツについて、実施内容、学生の成績、良かったこと、悪かったこと、苦労したことについて報告しました。 複数の先生から、活動について良い活動として様々な評価のお言葉を頂くとともに、大学側で取り入れたことが良いようなことの提案依頼や、インターンについての拡大や拡大に際してもっと学生が受けやすくする方法について検討のご要望を頂きました。 双方は今後も定期的に協力することや、学生に多くの利益をもたらすための関連活動を促進することに同意しました。 報告会後は、インターンの学生を含め40人以上で、盛大な会食を行いました。

PHU DIEN LOVEというチャリティープログラム

1月30日に、ブライセンベトナムは「PHUDIENLOVE」というチャリティープログラムに参加しました。 このプログラムは、ThuaThienHue省PhuVang区PhuDien村の海岸地域で、台風や洪水などの災害により被災した方々を支援するものです。 「PHUDIENLOVE」プログラムは、参加者に価値観の変化ををもたらす有意義な活動となりました。 ブライセンベトナムの社員は、活動を通して自分が誰かの役に立っているのを実感することで温かい気持ちになりました。 短い時間でしたが、プログラム関係者は幸せな時間を共有しました。

ベトナム・フエ市の経済・発展への貢献で表彰状をいただきました。

1月20日の夜、フエ市の人民委員会は、モーリンホテルでフエ市の企業と会う式典を開催しました。 式典では、フエ市人民委員会委員長のホアン・ハイ・ミン (Hoang Hai Minh ) 氏からブライセンベトナムに生産とビジネスで成果を上げ、2020年度にフエ市の経済・社会発展に貢献した企業として表彰を授与しました。 ブライセンベトナムは、2013年8月に支店を現地法人化して設立したもので、ベトナム・フエ市最大級のIT企業として、オフショア需要へ対応するとともに、成長著しい東南アジア諸国を顧客としたITソリューション提供を推進しています。 ビジネスを発展させ、市場で主導的な地位を維持するためのコアバリューとして人々を置き、会社は常に社会への貢献を通じてコミュニティの健康と生活の質を向上させることを非常に重要視しています。 2020年は、ベトナムの人々が病気や連続した嵐や洪水による多くの損失と影響を受けられた年です。「誰も取り残されないように」という政府の呼びかけに応えて、ブライセンベトナムは多くの積極的な貢献をし、社会の多くの側面を支援する活動を続けてきました。 Covid-19との戦いで全国に加わったブライセンベトナムは、フエ市にCovid-19対策支援金も寄付しました。 ブライセンベトナムの事業戦略と地域支援プログラムは、フエ市の経済・社会発展に実際的な貢献をして参りました。

ブライセンベトナムがフエ省から優秀な企業として表彰を受けました。

ブライセンベトナム(ベトナム・フエ市)はフエ省で良好な労働環境を作り出すことに優れた功績を上げたことで、表彰を受けました。 今回、1月19日、トゥアン・ティエン・フエ省 知事 ファン・ゴック・トー(Phan Ngoc Tho )氏から表彰を受けましたが、今回5回目の表彰となります。 長年にわたり、ブライセンベトナムは、政府や各政府機関並びに各大学と協力して、多くの地元労働者の雇用を創出してきました。また、フエ省での福祉活動にも活発に行っております。 特に2020年には、フエ省で200人以上の労働者の雇用を創出しました。 また、フエ市にCovid-19対策支援金を寄付したり、フエ科学大学のIT学部、との調印式にて産学連携の調印を行い(電子通信学部とは2019年に産学連携の調印済み)、フー・マウ(Phu Mau)小学校にコンピューターの寄贈とお菓子のプレゼントをしました。 ブライセンベトナムでは2021年にはトゥアン・ティエン・フエ省の政府との関係を強化して、フエ省、フエ市への貢献とベトナムや世界の発展のためにさらなる尽力をいたします。