トピックス

トピックス

9月と10月期間の新社員の歓迎会

2020年11月11日にBrycen Viet Namは 9月と10月期間の新社員歓迎会というパーティーを行いました。 これは毎年にBrycen Viet Namファミリーに加入する全体の新社員向けに行われる活動の一つです。 歓迎会に参加する者は会社管理代表者以外は新入社員もいます。今回の新社員はほとんどフエ科学大学、ダナン工科大学、HCM市国家大学・自然科学大学、Thua Thien Hue州にて情報技術専門教育センターなどの全国で_諸大学を属する多くの学部から新学士です。 十分な意味がある活動は会社管理代表者と社員の間に交流するだけではなく、新社員の円満な楽しみを持ってくる団結を高めます。親しい雰囲気の中で社員がとても親密な歓談したり交流したりする時間がありました。

BRYCEN VIET NAMは2020年HSAサッカー賞に最終3位を獲得しました

11月 7日午後にフエ市のUyên Phươngスタジアムで、2020年のHSAのサッカーの3、4位試合、決勝戦と閉会式が行われました。 3位の試合は準決勝に負けた2チーム、FCBrycenVNとFCFreelancerの対立です。 最初の数分間で、聴衆の情熱な歓声とともに、FC Brycen VN一心に競技して、FC Freelancerのゴール前に危険な攻撃した状況がありましたが、失敗しました。 2試合で、FCBrycenVN2ゴールを決めました。3位試合の競技の得点は2-1です。   決勝戦の直後に主催者は各チームt個人にメダルと賞を授与しました。具体的には、優勝するLifeCodeチームはカップとメダルを獲得し、二番目の賞はMagRabbitチームに属し、Brycen Việt Namチームは三番目の賞、銅メダルを獲得しました。Brycen Việt Namチームは「一番多くのゴールを決めたチーム」賞を得ました。   注釈: 2020年第5回HSAカップを争うHSAサッカー賞、Thua Thien Hue省ソフトウェア企業のサッカー賞はThua Thien Hue省ソフトウェア産業協会によって、立ち上げ、開催されました。 主要な国民の祝日を祝うために、遊び場を作り、省内でのソフトウェア各企業のスポーツ交流を行う目的です。他には、健康トレーニングし、仕事でうまく完了するため。    

2020-2021年度 フエ科学大学の入学式に参加

11月4日 早朝より、トゥアン・ティエン・フエ省の文化情報センターにて、フエ科学大学は2020年度の新入生入学式を開催しました。   この日、構成されるフエ科学大学は14学部27学科に750名の新入生を迎えることとなりました。   入学式にはブライセンベトナムの代表取締役社長 横山政之が招待され、お祝いのお花を送るとともに来賓として出席し歓迎を受けました。   2020年度、大学はいくつかの大きな目標を設定して推進します。 ・大学の運営がスムーズに出来るように大学の人事を見直すこと。 ・教育を今以上に充実させること。 あらためてこのことも宣言されました。  

ベトナム女性の日

女性の日はベトナムでは年に2回あります。1回目は3月8日の「国際婦人デー」、2回目は10月20日の「ベトナム女性の日」です。どちらも女性の日ですが、3月8日は「国際婦人デー」として世界でよく知られる記念日です。10月20日は3月8日と区別するために、「ベトナム女性の日」と呼ばれています。 この日が「ベトナム女性の日」となったのは 1930年10月20日に女性の地位を向上するために、ベトナムで初めて婦人の組合(現在のベトナム婦人連合会)が正式に設立され、このきっかけで、ベトナム共産党が毎年の10月20日を設立の記念日として定めて、女性に感謝の気持ちを表す「 ベトナム女性の日」と呼びました。 ブライセンベトナムの成功において、それは女性の多大な献身に不可欠であり、会社の全体的な発展におけるその役割をますます主張しています。 これらの理由から、素敵な女性の同僚に感謝するために、この日は、楽しく温かい雰囲気の中で、ブライセンベトナムでは、「ベトナム女性の日を祝う」という小さいながらも有意義なパーティーが開かれました。 取締役会代表-横山 政之社長がブライセンベトナムの女性たちに花、プレゼントと最高の願いを贈りました。 このように、「女性の日」はまさしく女性にとって幸せな日になると同時に男性にとっても愛情・感謝の気持ちを伝えられる日として大切な日となっています。

ブライセンが 「2020 人工知能ビジネス総調査」でアノテーション市場日本1位になりました。

ブライセンベトナムと、ブライセンカンボジアで行っている画像のアノテーションが、富士キメラ総研「2020人工知能ビジネス総調査」AIビジネス市場 サービス市場 アノテーションサービス部門 2019年度実績にて、シェア1位となりました。 近年、機械学習などの技術が注目されたことにより非常に注目されている人工知能(以下、AI)。今や急務となっているAI活用ですが、その国内ビジネス市場規模は2025年度には今の約2倍にも広がり、広い業界でのAI導入がなされると見込まれています。 そして、AI市場の拡大と共に注目されているのが、AI活用のベースとなる教師データ作成(アノテーション)です。 膨大なデータに対して情報付けをしていくという作業であり、大きな工数が必要となる作業の為社内のリソースを研究開発へ充てるために外注をする企業も多く、そのような背景から、最近では、アノテーション作業を請け負う業者が増えています。 2015年から行っているアノテーション事業では、アノテーションマネージメントサービスやGDPR対応など、新たな取り組みを展開しています。 お客様が満足のいくQDCや顧客課題に寄り添ったアノテーションマネージメントサービスにより、AI精度の向上やプロジェクトの成功に貢献します。